ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > 園だより

園だより アーカイブ

~生活発表会~ 自分で決める好きな遊び

ろりぽっぷ 1046号 2018年2月2日

ろりぽっぷ1046号
 木曜日の昼下がり、あれっ、なんだか焼き魚のいい匂いが漂ってきます。「いわしの開き、いわしの開き、いわしの開きが潮ふいてピュッ。それ、ズンズンチャチャ、ズンズンチャチャ、ズンズンチャチャ、ポッ。」歌いながら園舎の軒先でいわしを焼いているのは、もも組のお友だち。生活発表会で演じる手遊び「いわしの開き」を実体験しているところです。

 今週はホールの舞台がとてもにぎやかでした。10日の生活発表会前に各クラスがリハーサルを行いました。来週半ばにはプログラム及び生活発表会までの子どもたちの様子をお知らせするプロセス冊子をお配りする予定です。
 実はその他に、プロセス冊子には紹介されていない、とっておきの演目があるのです。それは、「好きな遊び」です。初めての方はえっ、これって何?と思われるでしょうが、ろりぽっぷらしさに溢れているのがこの演目なのです。幼稚園関係者の間でも驚かれるユニークなものであることは間違いないようです。
 ひとりひとりにスポットライトを当てて輝ける場を用意してあげられないか・・・と生まれたのが「好きな遊び」でした。自分が園で生活する中で何よりも一番楽しくて、これが好きという遊びを自分で決めてみんなに見てもらう、自分の意志を最も尊重され生かされるのが「好きな遊び」なのです。これまでには、園庭の木登り、ブランコでの靴とばし、舞台上での砂遊びなど、ユニークな発表がありました。直前になって「やっぱり他のものにする」と心変わりは当たり前。臨機応変が信条の保育者もキリキリ舞いさせられるのが、「好きな遊び」です。もちろん、3歳児や初めてのお子さんは、好きな遊びを見てもらうことを理解するのが難しかったり、待ちくたびれてぐずったり、舞台に上がることが恥ずかしかったりと、当日はいろいろな姿を見せると思いますが、お子さんの気持ちをおおらかに受け止め、無理をせず進めていきたいと思います。
 大きい組さんの演技にすごいなあと憧れたり、自分でも出来るようになりたいと、発表会後にトライする姿が見られるようになったりと、「好きな遊び」はお互いに刺激し合うよい機会になっているようです。

 さて、当日はどんな姿を見せてくれるのでしょうか、楽しみですね。大勢のお客様の前での発表で緊張して固まってしまうお子さんもいるかと思いますが、それぞれが成長している点を見つけて認め、誉めてあげてほしいと思います。楽しそうに歌っていたね、一生懸命やっていたね、みんなの前でよくやれたね、かっこよかったね、など・・・。お子さんの自信につながるような言葉がけをしていただけると嬉しいです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

生活発表会のコンセプトは・・・

ろりぽっぷ 1045号 2018年1月26日

ろりぽっぷ1045号

 23日(火)は雪のため休園させていただき、皆様には大変ご迷惑をおかけ致しました。前日お昼頃から降り始めた雪は夜まで降り続き、予想をはるかに超える雪の量でした。凍結などによる事故や渋滞など、道路状況を考え、安全を最優先し、休園と致しました。

 48年ぶりの大寒波の到来」で肌をさすような寒さですが子どもたちは大雪に大喜び。雪だるまを作ったり、雪合戦や雪すべりなど、冬ならではの遊びを楽しんでいます。

 来週は、生活発表会のステージリハーサルを行います。ステージリハーサルは、舞台に慣れること、そして当日は3部制のため目にすることができないクラスの劇ごっこを見ることをねらいとしています。

 今週は、初めて生活発表会を迎える方のために、そして2回目、3回目の方々にはもう一度思い出していただくために、ろりぽっぷの発表会のコンセプトをお伝えしたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

お年玉でお買い物

 

ろりぽっぷ 1044号 2018年1月19日

ろりぽっぷ1044号

 
 年明けの子どもたちの活動で恒例になっているお年玉でお菓子を買う体験が行われました。3・4歳児は、ホールで運転手のおじさんが開いている『どうぶつのおかしやさん』にお年玉袋に入った本物のお金を持ってお買い物。又、5歳児は近くの駄菓子屋さんに出掛け、本格的なお買い物を体験しました。

 3・4歳児は、1つのコイン(10円)でひとつのお菓子を手に入れられれば上々です。本物のお金を使うことで、ちょっと大人の気分も味わいます。自分の好きなお菓子をすぐに決める子もいれば、じっくり全部のお店をまわって決める子もいて選び方も千差万別。お年玉袋からお金を出しておじさんに渡す時の目は、誰もが嬉しそうに輝いていました。自分で選んだお菓子は大事にクラスに持ち帰り、お友だちと見せ合いながら食べました。

 5歳児は、50円をどう使うかを考える。10円・20円・30円のものをどう組み合わせて50円にするか、好きなお菓子をゲットするために一生懸命頭を使います。30円のお菓子を2つ持ってレジへ行き、「50円では買えないよ」と言われ選びなおす子がいたり・・・。自分のお菓子をどれだけ買えるかなということは、子どもにとって切実な問題ですからみんな真剣です。ノートの上で1+1=2ということよりも、生活の具体的な場面での経験が数の概念を育てる上では大切なことです。

 お年玉でお買い物をするという体験の中にも、それぞれ年齢毎に得るものがあり、3・4歳児のホールでの疑似体験をステップに、年長になったら本物の駄菓子屋さんで買い物をするという社会のしくみに、一歩踏み出していきます。
 これからの世の中は次第にキャッシュレスになっていく方向にありますが、お金と品物が交換できるという買い物のシステムをまず子どもたちに体験してほしい、そして、お金を使うことで数の感覚を少しでも身に付けられたら・・・とは大人側の願いですが、子どもたちはただただ本物のお金でお菓子が買える、その事が楽しいだけなのかもしれませんね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

あけましておめでとうございます

 

ろりぽっぷ 1043号 2018年1月10日

ろりぽっぷ1043号

 冬休み中、誰にも気付かれず、ひっそりと咲いていた白梅の花。登園してきた子どもたちをやさしい香りで迎えてくれました。

 さて、2018年、新しい年です。皆様もおだやかな新年を迎えられたことと思います。新しい年を迎えて願うことはただ1つ、すべての子どもたちが幸せであってほしいということです。与えられた命を災害や戦火などで失うことのないよう、私たち大人は何をしたらよいか、問い続けていきたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

よいお年を

ろりぽっぷ 1042号 2017年12月20日

ろりぽっぷ1042号
 
 今年のクリスマス会の職員劇は「金のがちょう」。お笑い系のネタがたくさんつまった抱腹絶倒のパロディ劇でした。クラスに戻って、サンタさんから1人ひとりにプレゼントが手渡されて子どもたちのワクワクドキドキもピークに達しました。お昼ごはんはシークレットメニューのXマスランチ。18日は一日中楽しいことがいっぱいで子どもたちの笑顔にあふれた一日でした。

 さて、2学期も今日が最終日です。夏の終わりから秋、そして冬の季節を感じながら過ごした日々。楽しい行事も盛りだくさんでしたが、何よりも1人ひとりがグーンと成長した2学期でした。
 3学期は年長組は卒園が目前にせまり、就学に向けて仕上げの時です。残されて日々を思いっきり楽しんでほしいと思います。3、4歳児はさらに遊ぶ楽しさや、友だち作り、コミュニケーション力のアップを期待しています。

 年の瀬を迎えいろいろと思うこともありますが、新しい年も変わらず、日々の生活を丁寧に、1人ひとりのお子さんを大事に守っていきたいと願っています。
 長い冬休みをどうぞ楽しく安全にお過ごし下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

つきたてのおもちってやわらか~い

ろりぽっぷ 1041号 2017年12月8日

ろりぽっぷ1041号
 昨年はウイルス性胃腸炎の流行で子どもたちが直接おもちを丸めるなどのことができず残念でしたが、今年は健康状態もバッチリ。例年通り、おもちつきを行うことができました。

 一晩つけ置きしたもち米をせいろに入れて蒸し上げるのですが、たき木をくべて火力を保つのもなかなか技術が必要です。煙にまかれながら火もしをし、次々に蒸したもち米を臼の中へ。子どもたちも杵を持ってペッタンペッタン。つき上げたおもちはころころ丸めてお土産の丸もちを作りました。
 一方、大人たちはつきたてのおもちを一口大にちぎり、あんこ・きなこ・納豆をからめたり、のりを巻いたりして4色おもちのプレートを作りました。今年の子どもたちは、どの種類もまんべんなくよく食べ、びっくりするほどおかわりをしてくれました。

 最近では、おもちつきも機械化され、昔ながらの臼を使うことは少なくなり、何かのイベントでしか目にしなくなりました。家庭では、もっぱら切りもちを買い求めるのが主流ではないでしょうか。
 それゆえ、かまどにまきをくべる様子や燃え上がる火や煙を体感したり、米粒が杵でつかれてもちにかわっていく様子を見たり、あたたくてやわらかいもちの感触を楽しんだり、五感を使ってもちつきを体験することに意味があるのだと思います。

 それにつけてもたくさんの人手が必要なもちつき、今年も年長組のご父母の方々にお手伝いをいただきありがとうございました。主催者としては、お子さんがのどにつまらせる事故が一番の心配事ですが、何事もなく終わりほっとしています。他園では、おもちつきはするけれども、リスクが伴うので園内では食べさせてはいないという事を耳にします。おもちつきといえども命がけなのです。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新幹線を見に行こう ~ 体験から学ぶこと ~

ろりぽっぷ 1040号 2017年12月1日

ろりぽっぷ1040号
 
こまち、はやぶさ、やまびこ、はくたか、次々と大宮駅のホームに新幹線が到着します。その度に目を輝かせながら、「あれはE5系だよ」などと声をあげます。
 寒さが少し和らいだ27日、年長組は電車に乗って大宮へ新幹線を見に出かけました。今回の社会体験のねらいは、電車の乗り方を学ぶです。
 電車に乗るには、まず切符の購入が必要です。東岩槻の券売機では、大人に助けてもらいながら子どものボタン、そして、金額130円を押し、マイ財布のお金を投入し、切符を買います。改札の通り方も年中組に経験済みですが、切符の取り忘れがあったりして、ちょっとあわてたりしました。
 Suica(スイカ)の時代に何をアナログなとお思いでしょうが、子どもたちが自分で切符を買うことで、いろいろなことを学べるからです。片道130円は、100円玉1コ、10円玉が3コ、お金の種類と何枚必要かということを理解します。そして実際に使ってみます。コイン1つ失くしても切符は買えないこと、切符は自分でサイフから出し入れし、管理することも学びます。
 そして、車内でのマナーも大事なことです。大声を出さないなど、乗客に迷惑がかからない様、子どもたちも保育者も細心の注意をはらいました。過去、電車に乗る体験では、不寛容な大人たちにからまれることがありました。それでもめげずに遂行するのは、体験から得るものが大きく、子どもたちの自信につながっていくからなのです。

 小さな旅を終え、子どもたちを待ち受けていたのはろりぽっぷ特製「駅弁」です。おむすびに玉子焼き、シューマイにウインナー、盛りだくさんの駅弁。余韻を楽しみながらいただきました。スペーシアのかけ紙を持ち帰る子もいて、微笑ましく思いました。                                                                              (園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

親子のふれあいをテーマに300人分 ~いも煮会で心もからだも温めて~

ろりぽっぷ 1039号 2017年11月18日

ろりぽっぷ1039号
 

本日は、「親と遊ぶ会・秋」にご参加いただき、ありがとうございました。各年齢ごとの活動の他に皆さんに喜んでいただこうとちょっとがんばって、いも煮会も催しましたが、お味はいかがでしたか。
 今回は仙台風、豚肉にみそ味で作ってみましたが、東北出身の方、ふる里の味に近づけましたでしょうか。機会があれば牛肉にしょうゆ味の山形風にもチャレンジしてみたいと思っています。

 さて、遊ぶ会は親子のふれあいがテーマでしたが、日常生活の中で充分コミュニケーションがとれているかというとご家庭によって様々。働き盛りのお父さんたちにとってはなかなか難しいところですね。我が家もいまだに娘が「パパに遊んでもらった記憶がない」などと夫をチクリと刺しています。時間がないという事の他に、お父さん、お母さんの中には、子どもとどう遊んだらよいか分からないという人が多いと言われています。中高生の幼児のふれあい体験は、その意味では大事なことなのでしょうね。
 とかく、大人は、公園や遊園地に連れていったり、大枚をはたいたおもちゃで遊んであげたり、まとまった遊びでなければ遊びではない、と思い込みがちなところがあります。
 けれども、子どもにとって何よりも楽しいことは、お父さん、お母さんが一緒になって遊ぶ時を持ってくれること。それは、まとまった遊びである必要はありません。夜、寝る前に親子でじゃれ合ったり、こちょこちょをしたり・・・という些細なことでいいのです。
 肩の力を抜いて、ちょっとお子さんにさわってみましょうね。                          (園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

幼児期のわがままについて ~気持ちの調整は子ども同士の体験から~

ろりぽっぷ 1038号 2017年11月10日

ろりぽっぷ1038号
 

 朝晩の気温の差が大きくなり、季節は少しずつ冬に近づいています。窓の外では、ビワの乳白色の小さな花が北風に揺れています。この時期に人知れず咲く花の存在に気付いたのはつい最近のことです。いくつになってもまだまだ新しい発見があることにささやかな喜びを感じました。

 さて、今回は幼児期のわがままについてです。個人面談でも家で思い通りにならないことがあるとすぐに怒るなどの相談が寄せれました。‟わがまま”とひとくちに言っても何をわがままとするかは、大人の価値観によって大きく変わります。ちなみに園では、わがままという言葉は保育者の中ではあまり耳にすることはありません。私たちの中では、わがままを言えるようになれば、やっと心を開き、自分を出してくれるようになったと評価するからです。むしろ、自分の思いを押し殺し、大人の言う通りにしか動けないお子さんの方を心配しています。大人の思いを察して望んでいる通りにしようとするよい子よりは、わがままを言えて幼児期に自分の思いを発揮できる方が安心できるのです。

 しかし、わがままが過ぎるということがあるのも事実で、親御さんも頭を悩ませるところだろうと思います。幼児期は、幼ければ幼いほど、何でも自分の思い通りになるのではないかという思いを持っているものです。そうした気持ちは、自分にも出来ないことがあるという現実に直面することで少しずつ変化していきます。ところが、大人が手伝うことにより、何でも思い通りになるような生活ができてしまうと、思い通りにならないことががまんできなくなります。これが、わがまま過ぎるという状態です。自分の思いを発揮できることも大切ですが、思い通りにならないという現実をだんだん受け入れて、気持ちの調整ができるようになることも大事なことです。
 こうした気持ちの整理ができるようになるためには、大人との間だけでは難しく、子ども同士の遠慮のない関係が必要です。なぜなら、どうしても大人は子どもに合わせてしまい、いわゆる過保護な状態にしてしまうからです。子どもの世界では、それぞれ自分の思いを発揮していくので、必ずしも相手に合わせるとは限りません。現実の生の体験の中で、すべて自分の思い通りにはならないということを理解していくのです。そういった経験を通して、自己発揮と自己抑制を調整できるようになっていくのだと思います。たくさんの友だちと遊べるようになれば、次第にわがままは姿を消していくことでしょう。

 ‟わがまま”と言うと、どうしてもマイナスのイメージでとらわれがちです。でも、わがままも言えないようではもっと困るのです。幼児期に聞きわけが良く、手のかからない、いわゆるよい子の場合、思春期になって爆発することがあり、親子共々苦しむケースが生じています。
 わがままを言ったり、反抗したり、親を困らせたり、そんな姿をむしろありのままの自分を出せている喜ばしい現象ととらえた方が良さそうですね。                               
                                                       
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

連ドラ「トットちゃん」に寄せて

ろりぽっぷ 1037号 2017年11月2日

ろりぽっぷ1037号
 

 園庭のハナミズキが2度の台風にもめげず色付き、真赤な実が秋の陽を受け、ルビーのように輝いています。この赤い実は子どもたちのケーキ作りに大活躍です。
 
 さて、今回は瑣末な事で恐縮ですが、私がはまって見ているテレビ番組があります。番組名は月~金お昼の12時30分から始まる「トットちゃん」です。録画して楽しみに見ていますが、原文の「窓際のトットちゃん」は大ベストセラーでもありましたね。作中で出てくる徹子さんが通ったトモエ学園は、少しだけろりぽっぷに似ているな、なんて勝手に思い込んだりしていました。

 かつてテレビで、ユニセフで活躍している黒柳徹子さんの話を聞く機会がありました。アフリカ難民の子どもたちをたくさん目にしている黒柳さんは「好奇心」と答えておられました。生きる力と好奇心は密接なつながりがあるということでしたが、なるほどと納得する言葉でした。子どもから好奇心を抜いたら、まるで気の抜けたビールのようなものかもしれませんね。

 子どもはいたずらの天才です。好奇心がかきたてられるからこそいろいろ試みてはワクワクしたり、時には失敗していたずらをしたと大人に叱られたりします。「なぜ?どうして?」という疑問を大事にするとともに、他人に迷惑をかけない少々のいたずら等は大見に見るなど、大人は子どもの好奇心の芽をつぶさないよう心掛けることも必要かもしれませんね。それにしても、よくやったと思わず手をたたきたくなるような傑作ないたずらには、ここのところお目にかかっていないような気がします。
 もっとダイナミックに、もっといたずらっ子に、そして、好奇心のかたまりのような子どもになって欲しい、それがろりぽっぷ子たちへの願いです。                       
                                        (園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより”ろりぽっぷ” > 園だより

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。