ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2017-09

2017-09

ワクワクするね プレイデー

ろりぽっぷ 1033号 2017年9月29日

ろりぽっぷ1033号

 キンモクセイのほのかな香りに思わず振り向くと、そこにはオレンジ色の可憐な花が・・・。香りのもとを探すのも、初秋のささやかな楽しみです。

 さて、今日はプレイデーごっこと称し、予行練習を行いました。当日さながらに衣装をつけて踊ったり、走ったり、気持ちを7日のプレイデーに向けて、少しずつ高めています。繰り返しになりますが、プレイデーは、お父さん、お母さん、家族みんなが楽しむ日です。もちろん主役は子どもたちですが、子どもたちを取りまくたくさんの人たちに参加していただいて、楽しかったと感じていただけたらいいなと思っています。
 このIT化の時代に、何を古いことと笑われそうですが、イメージしているのは昔ながらの運動会。家族や地域の人たちが集い、交流する場としての役割をプレイデーが担えたら嬉しいのですが・・・。

 当日の子どもたちはどんな姿を見せてくれるのでしょうか。お隣りの小学校の校庭は園庭から眺めてはいるけれど、こんなにたくさんの人たちは初めてとびっくりぎょうてんの3歳児。ボクたちも年長になったら・・・と、大きい組さんを憧れのまなざしで見ている4歳児。プレイデーでの自分の役割や流れなど、見通しを持ってかかわることができ、パワー全開の5歳児。それぞれの育ちの中で、一人一人が自分の思いを抱きながら当日を迎えることと思います。
 そんなお子さんの姿をしっかりと受けとめ、見ていただきたいと思います。ビデオやカメラで姿をとどめることもOKですが、是非肉眼で我が子の姿を目に焼きつけ、記憶のアルバムに納めてください。
                                           (園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

今年のプレイデー テーマは『山』

 

ろりぽっぷ 1032号 2017年9月15日

ろりぽっぷ1032号

 季節の変わり目のせいでしょうか、体調を崩すお子さんが多く見られます。特に年少さんの急な発熱が目立ちますが、小児科では手足口病、RSウイルスが流行しているとの情報があります。手洗い、うがい、体調管理を心掛けて下さい。
 さて、今週はいつにも増して、園庭や室内にリズミカルな曲が流れ、3・4・5歳児が入れ乱れて踊っていましたが、その姿は未来のエグザエルを思わせます。プレイデーを間近に控え、今号はプレイデーについての考え方をお伝えしたいと思います。進級組の方には繰り返しになりますがご容赦下さい。
 
 プレイデーはあくまで子どもが主役、生き生きと行動し、楽しめることが一番です。練習を重ね、その結果を当日見てもらって評価を受けるのではなく、日頃の子どもたちの生き生きとした姿を見ていただくのがプレイデーです。

 ろりぽっぷのプレイデーは、まずは楽しんで参加することが一番です。子どもたちもご家族の方々も、広いトラックで体を思いきり動かし、心を解放し、ああ今日は楽しかったね、と感じてくださることを願っています。
 この日は、お子さんたちの成長を見ていただくよい機会でもあります。でも、本番で大人が期待している姿とは違ったしても、その時の姿だけを見てがっかりなさらないようにお願いします。年齢が小さい程、大勢のお客様にびっくりしたり、緊張で固まってしまうことはよくあることです。当日に至るまで、そのお子さんなりに楽しんできたプロセスがあることを汲んでいただけたらと思います。

(園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

五感を使って ~魚の手触り・したたる果汁~

ろりぽっぷ 1031号 2017年9月8日

ろりぽっぷ1031号

 金魚つかみ、梨狩りと今週は2つも楽しいイベントが続きました。どちらも天候に左右される行事でしたが、金魚つかみは久々の晴天、そして梨狩りは時折ポツポツと降られたものの何かとギリギリセーフといったところでした。

 金魚つかみでは700匹の金魚が放たれ、子どもたちは夢中になって追いかけていましたが、そのまなざしは真剣そのものです。金魚がこわいと言って早々にプールから上ってしまう子もいましたが、それもご愛嬌。それもそのはず、日常生活の中でじかに生きている魚にさわるという経験は、そんなにあるものではないですものね。素手でつかんだヌルっとした感触やにおい、群れが足の間をすり抜けていく何とも言えないこそばゆさ。五感でいろいろ感じとったことと思います。年長のキャリア組はコーナーに金魚を追い込むなど技も巧みで、これも経験のなせる技かなと思いました。
 お子さんが持ち帰った金魚は元気にしていますか?飼育が難しいようでしたら無理せず、園に戻して下さいね。園の水槽では2年目、3年目の金魚たちもすっかり慣れて、人が近ずくと、一斉にエサを求めて水面に上がってきます。口をパクパクしている姿はかわいいもので愛着が増します。
 暮らしの中に生き物がいる、ほんの小さな事ですが、子どもたちのうるおいにもなっています。
 さて、木曜日は梨狩り。今年の品種は豊水でした。厚い雲から落ちてくる雨を気にしながら、1つは丸かじり、もう1つはお土産用にと、自分の取りたい梨を選びました。取った梨をその場で丸かじりするという経験ができ大満足で帰ってきました。
 この文章を書いている間も鍋の中で梨がグツグツ。明日は梨ジャムを子どもたちに振る舞ってあげたいと思います。(園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

2学期は自然と触れ合うよい機会

ろりぽっぷ 1030号 2017年9月1日

ろりぽっぷ1030号

 今年の夏は雨続きで海やプールを十分に楽しむことができませんでしたが、夏の最後のごほうびで夏期保育中子どもたちは2日間プールに入ることができました。

 さて、長い夏休みも終わり、今日から2学期です。お母様方もほっと一息というところでしょうか。お子さんたちも生活のリズムを取りもどすのに多少の時間が必要です。まったりと過ごしたお家での生活に後ろ髪を引かれるのか、夏期保育中泣いて登園するお子さんもチラホラ、ゆっくり自分のペースをつかむのを待ってあげたいと思います。
 年長は夏休み中に大きな行事、キャンプを体験しました。その様子は写真をご覧いただくとして、今年は入浴場所の変更などハプニングがあって対応に苦慮しましたが、子どもたちの活動には影響がなく、無事親ごさんにお返しする事ができました。
 今学期は自然と触れ合う機会もぐんと増える子どもたち、安全に気をつけながら秋の実りなどを大いに楽しみたいと思います。まずは金魚つかみ、梨がりと、ワクワクドキドキを体験してもらいます。
 さあ、何が起こるかお楽しみ、いよいよ2学期の始まりです。                     
                                                (園長)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

大変!! 夏休みのお昼ごはん

 

ろりぽっぷ 1029号 2017年7月20日

ろりぽっぷ1029号

セミの初鳴きを聞いたとたんに猛暑、連日の暑さに青息吐息といったところです。

 さて、ろりぽっぷは今日で1学期を終え、夏休みに入ります。40日にもわたる長いお休みです。24時間お子さんと向き合って過ごすのは大変なことだとお察しします。自身の子育てそ振り返っても、夏休みは食事の支度に追われていたことを思い出します。朝食を食べたと思ったらもうお昼。早く2学期が始まらないかと心待ちにしたものでした。そのお昼ごはんのせめて一助になればとランチスタッフにおすすめメニューを聞いてみました。
 ともあれ、健康と安全に気をつけ、2学期にはまたお子さんたちの元気な笑顔に再開できることを楽しみにしています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2017-09

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。