ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 連ドラ「トットちゃん」に寄せて

連ドラ「トットちゃん」に寄せて

ろりぽっぷ 1037号 2017年11月2日

ろりぽっぷ1037号
 

 園庭のハナミズキが2度の台風にもめげず色付き、真赤な実が秋の陽を受け、ルビーのように輝いています。この赤い実は子どもたちのケーキ作りに大活躍です。
 
 さて、今回は瑣末な事で恐縮ですが、私がはまって見ているテレビ番組があります。番組名は月~金お昼の12時30分から始まる「トットちゃん」です。録画して楽しみに見ていますが、原文の「窓際のトットちゃん」は大ベストセラーでもありましたね。作中で出てくる徹子さんが通ったトモエ学園は、少しだけろりぽっぷに似ているな、なんて勝手に思い込んだりしていました。

 かつてテレビで、ユニセフで活躍している黒柳徹子さんの話を聞く機会がありました。アフリカ難民の子どもたちをたくさん目にしている黒柳さんは「好奇心」と答えておられました。生きる力と好奇心は密接なつながりがあるということでしたが、なるほどと納得する言葉でした。子どもから好奇心を抜いたら、まるで気の抜けたビールのようなものかもしれませんね。

 子どもはいたずらの天才です。好奇心がかきたてられるからこそいろいろ試みてはワクワクしたり、時には失敗していたずらをしたと大人に叱られたりします。「なぜ?どうして?」という疑問を大事にするとともに、他人に迷惑をかけない少々のいたずら等は大見に見るなど、大人は子どもの好奇心の芽をつぶさないよう心掛けることも必要かもしれませんね。それにしても、よくやったと思わず手をたたきたくなるような傑作ないたずらには、ここのところお目にかかっていないような気がします。
 もっとダイナミックに、もっといたずらっ子に、そして、好奇心のかたまりのような子どもになって欲しい、それがろりぽっぷ子たちへの願いです。                       
                                        (園長)

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 連ドラ「トットちゃん」に寄せて

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。