ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > ろりぽっぷはもう1つのおうち ~いつでも帰っておいで~ 《年長最終号》

ろりぽっぷはもう1つのおうち ~いつでも帰っておいで~ 《年長最終号》

ろりぽっぷ 1051号 2018年3月19日

ろりぽっぷ1051号

 ここのところあたたかさに誘われて、園庭のサクランボやコブシの花が咲きはじまました。

 木曜日、年長児たちと私と話す機会をもうけた時のこと、小学校への不安は何かなというテーマでみんなの声を聞いてみました。「朝起きれなかったらどうしよう」とか、子どもらしい心配事があげられました。「算数セット忘れたらどうしよう」「変な人に声かけられたらどうしよう」わあ、どうしよう、それは大変だ。防犯ブザーを鳴らす」「走って逃げる」「たすけてーって、いう」。子どもたちなりに真剣に考えます。それでは、みんなで大きな声で助けてって言ってみようと、お腹の底から大声をだす練習もしてみました。1人きりで進学する子が19人、31校に分かれます。まずは友だち作りが課題です。そこで座席の前後左右の友だちに自分から声をかけてみようとアドバイス。勉強は先生のお顔をじっと見て話を聞こう、そうすればわかるから、などなど・・・。
 でも、みんなだったらどんな時も、どんな事があっても大丈夫。いろいろな力を身につけたのだから。今年は特にグループで力を合わせてやりとげる経験をたくさん積み重ねてきました。自分の思いを出しながらみんなの気持ちも大事にし、折り合いをつけて着地点をみつけるという難しいことにもチャレンジしました。そうそう、天下の上野動物公園で自由行動をやってのけたのだもの。

 日々、友だちとどうしたらうまくやっていけるか、人として、大事なことを学んできた子どもたち。人はひとりでは生きられないものです。誰かと触れ合いながら生きていく中で、相手の気持ちや心の痛みをわかってあげられる人になってほしい、きっとなれると信じています。やわらかい感性と思いやりに溢れていた49人の年長さんと共に過ごすことのできた私たちは幸せでした。共に遊び、共に笑い、涙してきた私たちは、子どもたちのやさしさに勇気づけられ、なぐさめられ、喜びをたくさん分けてもらいました。これからも、子どもたちが訪れた時、ひとりひとりの良さを誰よりも知っている私たちスタッフが、いつでも抱きしめてあげていと思っています。     (園長)

 もうすぐ進級《年少・年中最終号》

 ここのところのあたたかさに誘われて、園庭のサクランボやコブシの花が咲き始めました。20日には年長組が卒園式を迎え、49名のお友だちが31校に分かれて巣立っていきます。

 さて、年少・年中のお友だちも、もうすぐ進級です。
 あっちこっちに散らばるひよこちゃんたちを、大きな羽根で包み込むように育ててきた年少さんたちも、今ではしっかりと身の周りのこともできるようになったり、静かに座っていられるようになったりと、その成長ぶりは目をみはるばかりです。年中さんは、年長組への進級を目前にし、ボクたちももうすぐ大きい組なんだよね、と意欲満々です。今まで同年齢の友だちが周りにいなくて、遊ぶ経験が少なかったというお友だちも、たくさんのお友だちとふれあい、もまれながら仲間との付き合い方を学んできました。

 幼児期は、人への信頼を築く大事な時期だと考えています。信頼できる大人がいる、大好きなお友だちがいる、そんな安心して過ごせる生活の場で、人として大切なことを学んでいきます。
 当たり前のことですが、過ぎ去った時間は取りもどすことはできません。ゆえに、二度と巡ってこないこの時期、何をしなければならないかを私たちスタッフは常に胸に問いつつ、心を引き締めて新しい年度に向かいたいと思います。   (園長)

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > ろりぽっぷはもう1つのおうち ~いつでも帰っておいで~ 《年長最終号》

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。