ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > お父さんにエールを

お父さんにエールを

ろりぽっぷ 1025号 2017年6月16日

ろりぽっぷ1025号

18日は父の日。元気に園で遊びまわっているお子さんたちの向こうに、歯をくいしばって、家族のために働くお父さんたちの姿が見え隠れしています。こんなご時世です。父親はこうあるべきだとか、子供ともっと遊んでという父親論は何だかしっくりこないように思います。子どもと過ごす時間がとれなくても、一生懸命働く父親の姿を子どもは見ています。父親の態度から、子どもは多くのことを学びとるのだと思います。がんばって、と言われなくてもそうせざるをえないお父さんたち。とにかくお子さんたちのためにも体に気をつけて元気でいてほしい。ろりぽっぷのお父さんたちに心からエールを送ります。

さて、下記の文章は、かつて我が家の家の様子を父親の目線で描いたものです。ちょっと引いたところから母子のバトルを見ることができるのも男親というものかもしれませんが、私としてはダメ母親ぶりが露見してお恥ずかしい限りです。

<園長>

最近、妻は中三になる息子と些細なことで論争をすることが多い。例えば夕食時、外出予定がある息子が、そのことを知っていて帰りが遅い母親を待ちきれずに自分なりに食事の用意をしようとする。息子がイライラしているのを前にしては私もしかたなく手伝うが、こういう時に限って材料がない。仕方なくバナナを一本二本と息子が腹に入れてる最中に帰ってさて“食事前に間食なんかして”と鋭い叱責の第一声がとぶ。それから母親たい息子の戦さが始まる。この場合、大抵息子の戦略目標は母親の職務の怠惰さに集中する。あげつらねられた具体例は夫としての私も肯首できるのが結構ある!しかし妻も負けてはいない。ともあれ双方から豊富に実弾がとびかう。
このシビアな舌戦では息子がすでに大人になったのか、妻が息子の次元程度なのか、少なくとも互角の勝負である。しかし、考えてみれば、日頃親は子供から観察されているのだ。嫌なことに親の弱点をよく身につけてくれる。まさに私と妻の分身で、その分身と争うわけだから、本来互角であるわけなのだ。が、私と息子が口論するとどうなるか。恐らくパンチかなにかで終わる。妻の場合と違って、あるかなしか父権を私は利用し互角の立場を捨てるのではないかと思う。多分にヒスぎみでも妻と息子のイビリあう情景は、その点でうらやましい位だ。
ともすれば自分の子供時代を棚に上げ、ついわが子に能力以上のことを期待しお尻をたたいてしまう。所詮子供が私たちの分身である以上むだと思い、自分を叱咤激励、弱点補強にこれつとめ、私の分身と互角にそしてチョッピリ有利な関係をつくりたいと思う。

〜互角の勝負 平野英雄〜

“兄弟という存在”の感想(連絡帳より)その1

  • 園だよりの“兄弟という存在”のテーマ。我が家の状況と重ね合わせ、とても興味深く読ませて頂きました。私が園だよりを読んでいたら、小5の長男(もちろん、長男もろりぽっぷ卒で、園だよりはなつかしく思うらしく、よく、あ!次見せて!と言って読んでいます)が、私の次に園だよりを読み始めました。目を通した後、“これって、弟のことが書かれているの?”と、あまりにもうちと似た状況の内容にびっくりした顔で私に聞いてきました。
    3月に弟が生まれ、末っ子だった息子はお兄ちゃんに。そして、テーマと全く同じ、私と向かい合って寝ていた息子は弟誕生後からは私の背中側で寝ることに…そして末っ子→真ん中の子という立場になり、複雑な気持ちになったのかなと思いました。3月の弟誕生から4月の入園までの1ヶ月。生活の変化に息子の心は揺れ、1日中ダメよ!と言われることをやっている感じで、それはそれは手をやいて大変でした。私も、それを叱らないように、今は息子も赤ちゃんのいる生活にまだ受け入れができていないから…と思いつつも、やはりストレスを感じているのも正直なところでした。
    これからも、いろいろな場面で兄弟関係のいろいろな感情も生まれるのでしょうが、私も1人1人の子とそれぞれ向き合っていくことを心がけたいなと思いました。
  • 3歳児 保護者

  • 先週の園だよりで、兄弟の育て方の難しさが書かれていましたね。私も日頃からなるべく気をつけていることの一つですが、子どもの受け取る気持ちは違うのかもしれませんねえ。「お兄ちゃんなんだから」とは言ってないと思いますが、上は知恵がある分、言葉で嫌なことをわざと言ったり、丸め込もうとしている言動などを見ると、つい一言言ってしまいますね。また、力も強いですし。本当はなるべく見ないようにしたいのですが、なかなかそうもいかないんですよね…。とはいえ、大人になっても尾を引くというのは、上の子に多い傾向かもしれませんね。何かと手がかかるのも上の子ですし。
    末っ子である私が、上の子のナイーブさを理解するには限界がありますが、なるべく寄りそう気持ちを持っていきたいなと思います。
  • 5歳児 保護者

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > お父さんにエールを

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。