ホーム>園だより“ろりぽっぷ”

今も昔も難しい 〜兄弟(姉妹)という存在〜

ろりぽっぷ 1024号 2017年6月9日

ろりぽっぷ1024号

水曜日にはとうとう関東地区も梅雨入りをしました。40日間の気の遠くなるような長い梅雨を何とか乗りきっていきましょう。

さて、園生活のいろいろな場面で、子どもの心の複雑さを感ずることはよくあることです。このところ特に感じるのは、下の弟や妹が誕生した場合のお子さんの心の難しさです。赤ちゃん誕生の前からこれまでとは違った様子が表れたり、誕生後も長期にわたり心が不安定になり、甘えがひどくなったり、すねたり、笑顔がなくなったりといろいろな面で変化が見られます。赤ちゃんが生まれても、何の動揺もなく気分が安定しているというお子さんはほとんど皆無と言ってよいかもしれませんね。

「赤ちゃんが生まれた」ということは、周囲の大人にとっては大変喜ばしいことなのですが、子どもにしてみれば、いつも自分の方を向いてくれていたお母さんが取られてしまう、天と地がひっくり返るほどの重大事です。
ですから、園生活の中でも保育者たちは、〇〇ちゃんは弟が生まれて気持ちが落ち込んでいるので、できるだけ声をかけたり、甘えを受け止めてあげよう、苛立ちを周囲にぶつけることで自分の気持ちをわかってもらおうとしているのだから見守っていこうと複雑に揺れ動くお子さんの気持ちに少しでも寄り添って、赤ちゃんの存在を自然に受け入れられるようのなるまで待つようにしています。
また、お家の方は「お兄ちゃん(お姉ちゃん)でしょう」は禁句。赤ちゃんにどうしても手がかかるでしょうが、できるだけお子さんと1対1で過ごす時間を作ってください。いきなり赤ちゃんが生まれたからと言って、急に自立せよというのは大人の都合。以前にも増してスキンシップをとってくださいとお願いしています。
私の場合、娘が誕生した時、息子は3歳になったばかり。母乳だったので寝る時も妹はいつもおっぱい側。その時に発した「ボクはいつもママの背中ばかり…」という言葉が忘れられない記憶として残っています。

赤ちゃん誕生に限らず、兄弟関係の中でも真ん中の立場に置かれているお子さんの複雑な心理状態など、よくお母さんから相談を受けたりもします。ご両親は分けへだてなく育てているつもりでも屈折した心理になりやすいのが真ん中っ子の宿命かもしれませんね。

先日の「お母さん」についてのスタッフのコメントで、弟・妹ばかりに母親の愛情が向けられていたことが感情や性格に影響していると感じました。ことほど左様に兄弟関係は大人になっても尾を引くということですね。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

派手さはないけど甘酸っぱくておいしい

ろりぽっぷ 1023号 2017年6月2日

ろりぽっぷ1023号

今年は裏庭のびわが当たり年。木曜日には、びわの実のお店屋さんが開店しました。子どもたちにとってびわは馴染みの薄い果物ですが、1つ2つと食べるうちに、すっかり黄色い実の甘酸っぱさの虜になり、何度もおかわりをしていました。
このびわの木は、9年前に卒園記念として植樹されたものですが、年によって収穫量が異なり、今年の様にみんなで楽しめたのは久々のことです。
余談になりますが、「桃栗3年 柿8年 柚子の大馬鹿18年」という言葉を子どもたちが大合唱していたことがあります。一説によると、柚子の前に「びわは9年でなりかねる」が入ることを最近知りました。
柚子の続きはまだあって、「リンゴにこにこ25年 女房の不作は60年 亭主の不作はこれまた一生 あ〜こりゃこりゃ」昔の人はよく言ったものですね。
<園長>

《頂いた連絡帳より》

「お母さん」自分と重ね合わせて
園だよりの先生方の“お母さん”についてのインタビュー、楽しく拝見しました。私は3姉妹の長女なので、私にだけ色々制限があり、不満に思っていたなあと、自分のことも重ね合わせながら読みました。そして、自分が3人の息子の母親になり…3人皆とってもとってもかわいいけれど、やはり、長男には、“こうなってくれたら嬉しいな”という思いが強くなってしまうなあ、と思います。3人それぞれ同じように沢山の愛情を注げるような、いつも優しく見守り、困った時は手をさしのべてあげられるような、そんな“お母さん”になれたらいいな、私の理想です。
でも、“生きているだけでいい”という文面を見て、本当その通りだなあと思いました。母にはずっと元気でいてもらいたいし、私も健康第一にすごしていきたいと思いました。4歳児 保護者

ランチ室へ入って感じたこと
先日はランチ参観に参加させて頂き、どうもありがとうございました。
ランチ室では、簡単な盛り付けのお手伝いをしましたが、オレンジの向き、ハンバーグの向きを教えて頂きました。いかに美味しくみせるかはもちろん、それが論理に裏付けされた盛り付けであることを知り、感動すると共に、時間との勝負で忙しくたちまわる中にも行き届いた配慮と気遣いに、親として本当に感謝します。
ろりぽっぷを選んだ理由の1つに、ランチは自園で作るというものがあったので、そんな素晴らしいランチ室の皆さんのいるろりぽっぷを選んで本当に良かったと思っています。5歳児 保護者

風化してはいけないとわかっていても…
園だよりを読んで、6年前のあの日、私は息子たちを連れて実家のある宮城県に帰省中で実際に震災を体験したにもかかわらず、日々の生活の中で防災を意識していないことに気付きました。
園長先生が訪れた野蒜には知り合いが住んでいるので春休みも行ったばかりで、そこには津波で崩壊されたお家がまだ何件かあり、復興にはまだまだ時間がかかると思います。風化してはいけない…頭では分かっていても、またこちらでの生活になると、目の前のことでいっぱいになり忘れがちになってしまいます。
あたりまえに生活出来ていることは幸せなことで、感謝しなくてはいけないと改めて思わされました。4歳児 保護者

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

楽しみながら防災

ろりぽっぷ 1022号 2017年5月26日

ろりぽっぷ1022号

今年度は、楽しみながら防災について学ぶをテーマに親と遊ぶ会を行いました。暑い日差しの中、火を扱う作業は大変だったと思います。ご苦労様でした。また、各ご家庭に東京防災の本を配布させていただきました。時間のある時に目を通していただければ幸いです。
喉元過ぎれば何とやらで、日常生活の中で後に追いやられがちな「防災」。2011年の震災から6年たちました。

2万人に近い死者、行方不明者をだした東日本大震災、東電福島第一原発事故。残念ながら2011年は永久に歴史に刻まれる年となるでしょう。3.11から半年後、私は宮城県東松島方面の震災の爪跡を自身の目で確かめてきました。目を覆うばかりの荒涼たる風景にことばもなく、胸が苦しくなり、長くは現場にとどまることができませんでした。今、私は目に触れる場所に壊れた蛇口の栓を置いています。それは、津波が押し寄せた仙石線野蒜(のびる)駅の曲がった線路のそばで拾ったものです。どこかの家庭で毎日使われていたであろう蛇口、一瞬にして失われてしまった命と日常を思うことで自身の心の中での風化をくい止めたいと考えてのことです。

ともあれ、いつ起きてもおかしくない状況の中で、子どもたちの命は何があっても守ると強い決意を持って、日々を暮らしていきたいと思います。

<いただいた連絡帳より>

<新聞紙であったまろう> 3歳児

  • 新聞紙がまくだけであたたかくなるなんて勉強になり、娘との時間もできた1日でした。おにぎりがおいしかったのか、家に帰ってお昼ごはんもおにぎりでした。
  • 楽しく防災について娘と学ぶことができました。おにぎりもクラスみんなで食べられてとてもおいしかったです。

<牛乳パックでホットドッグ作り> 4歳児

  • 「BBQやってきたよ〜 ♪」と報告。外で焼いて食べる=BBQとなったようです。牛乳パックで作ったお皿やおはしも大変気に入って、その日の夕食を「これで食べる!」と言いだし、ご飯とおかずをよそって、ワンプレートごはんにして食べました。
  • ホットドック作り、とても楽しかったです!!その手軽さ、美味しさ、楽しさにいたく感動して、早速家でもやってみました。
    ドックパンやロールパンがなかったので、普通の食パンにケチャップを塗り、玉ネギ、ハム、トマト(あればピーマンも・・・)チーズをのせてピザ風にして半分に折り、たたんで包みました。期待通りにチーズがトローリ溶けて、とっても美味しく出来ました。具をいろいろ変えても楽しめそうですね。
  • 毎日なにげなく使っている物でも、考え1つで色々な物になったりと、頭の片すみにおいて、覚えておきたい物もたくさんありました。生きる力を親子でつけていきたいです。
  • 楽しく防災の事が子供と学べてよかったです。また東京防災の本も頂き、改めて災害の事を考えるいい機会になりました。長い間しまってある家の防災グッズを出してみる事にします。

<サバメシ> 5歳児

  • ご飯はなかなか出来なくて苦労しましたが、スイッチ押すだけで簡単に炊けることのありがたさをしみじみと感じました。災害時にはどんなに大変でも子供や高齢者のことを第一に考え、全力で守りたいと改めて思いました。食べるのが大好きな息子が嬉しそうに楽しそうに喜んでお腹いっぱいになってる姿を毎日見れるのは、とても幸せなことです。
    何気ない日常の全ての場面に大きな意味があり、価値があるのだと思いました。
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

もうすぐ春の遠足

ろりぽっぷ 1021号 2017年5月19日

ろりぽっぷ1021号

-3歳児- 原っぱ遊び

年少組の遠足の目的地は内牧公園の広々とした原っぱです。原っぱはその名の通り固定遊具のないところですが、自然の宝庫でもあります。カエルやミミズ、秋の忘れ物の木の実、枯れ枝、シロツメ草や様々な野草などなど。雑木林を渡る風を感じたり、草の上に寝転がって空をながめたり、楽しみ方はいろいろです。
何にもなくても楽しみを見つけ出す力をという願いはさておき、3歳児はとにかく初めての遠足です。お母さんに作ってもらったお弁当を持って、みんなでお昼を食べる。そのことができるだけで花マルです。
ろりぽっぷ流お菓子のとりかえっこも楽しみのひとつですが、さて、3歳のお友だちは、その意味をわかってくれるかな?

-4歳児- 槻の森でブルーシートすべり

4歳児は槻の森にある芝生の山(村国山)で遊びます。柴山を登ったり降りたり転がったり、ブルーシートですべったりして、友だちと一緒にからだを動かして遊びます。
広々とした場所、園の泥山より大きな山で解放感を味わいながら、動植物など自然にも触れていけたらいいなと思います。
自分で荷物を持ったり、お弁当の準備や片付けをしたり、自立できる力もついてくる頃です。自らやろうとする力を大事にしながら見守っていきたいと思います。

-5歳児- 八幡山

年長組の目的地八幡山は、春日部市八木崎駅北側の八幡神社境内にある標高17mの小山です。
どのくらいの傾斜か説明できないのが残念ですが、子どもたちにとっては挑戦しようという気持ちがかきたてられる、適度な危険箇所もあるスリル満点の山です。斜面を木の根っこにつかまりながらよじ登ったり降りたりする動作は、5歳児ならではの筋力やバランス感覚などが必要です。
子どもたちの様子を見ていると、転び方にも上手い下手のあることがわかります。“危ない!!”と思うと腰をおとし野球のスライディングのように斜面をすべり降り、転倒を回避できる子。かと思えば、思っていた以上に勢いがついてしまい、派手に一回転して転んでしまう子もいます。ただ、いずれにしても、多少のすり傷のみで、大きな怪我にはならないのはさすが子どもたちですね。(大人じゃ・・・大怪我です)
また、転んで痛くても誰ひとり泣きごとを言わず、すぐさま立ち上がり、チャレンジを続ける姿に毎年驚きます。楽しさ、挑戦したい気持ちが痛さ、怖さより、はるかに勝っていたのでしょうか。普段はおとなしかったり、控えめだと思っていた子が意外や意外、大胆に斜面を駆け降りているのもびっくりさせられます。
以前、社務所で八幡山の由来を伺いました。なんでも、富士山の霊峰に似せて作ったということ。子どもの健やかな成長と安全を祈願している山だということでした。道理でこれまでお山で遊ばせてもらっても一度も怪我をしなかったわけです。子どもたちが守られていたからと納得です。

<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「お母さん」〜先生たちに聞いてみました〜

ろりぽっぷ 1020号 2017年5月12日

ろりぽっぷ1020号
母の日が近づき、駅のコンコースにあるフラワーショップは、いつもにも増して華やいでいます。20代の若者が母親に贈るのでしょうか。カーネーションの鉢を熱心に選ぶ姿にほのぼのとした気持ちになりました。
さて、毎年巡ってくる母の日。今年はスタッフたちに「お母さん」についてインタビューしてみました。

  • 洋服を手作りしてくれたり、子どもに尽くしてくれる母だった。でも何かにつけてお姉ちゃんだからと言われるのが嫌だった。
  • 何だかんだ言いながらも自分の味方をしてくれる。大学に合格した時、涙をうかべて喜んでくれた。
  • いつも頭痛で寝込んでいた。弟ばかりかわいがっていて寂しかった。
  • 自営だったのでいつも働いていて頑張っていたなと思う。娘には厳しく今でも緊張する。
  • すっごく明るい母。3人の中で1番育てにくかったけど、母に1番似ていると言われた。
  • 真面目で自分が正しいと思っている人。しっかり者の母。
  • 料理下手でお弁当の時ははずかしかった。寝る時、足をからませあたためてくれた。でも父が好きだった。
  • 親の言うことを聞かず、中2で見放されていた。社会人になってから物心両面すべて、自由にやらせてくれた母に尽くした。
  • 自然の中でいろいろ楽しませてくれた。弟へのジェラシーを感じ取って、私のことを気にかけてくれた。
  • 働き者で忍耐の人だった。好きなことをやらせてもらった。
  • 小学生の頃から相談相手として対等だった。甘えたいけど甘えられない存在。
  • 自分と仲良しすぎる母。親子が逆転。親離れ子離れできていない。
  • 強い母。7歳で亡くなったが、今でも守られていると感じる。あの世で会えたらありがとうと伝えたい。

どうでしょうか。誰ひとりとして母と子の関係は同じ姿はなく、皆それぞれです。インタビューしてみて改めて、様々な思いがあることに驚くとともに、辛口のコメントを寄せた人に心の中には、どんな母であっても、お母さん大好きという思いを感じ取ることができました。
お母さんは生きていて存在してくれるだけでいい、いい母親になろうと頑張りすぎないで、肩の力を抜いて元気でいることが1番なのです。
ちなみに帰宅して、40代の娘に同じ質問をしてみました。頼っているからいなくなると困る、面と向かって聞かれても本人を目の前にして答えられないとピシャリ。まぁ、それもそうですね。

<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ケガの対応について

ろりぽっぷ 1019号 2017年4月28日

ろりぽっぷ1019号

先週から今週にかけて、ろりぽっぷの庭は1年中で1番美しい季節を迎えました。八重桜に白藤、ハナミズキと花に囲まれた暮らしは心も満たされます。
月曜日は、白藤や菜の花、竹の子をお庭でてんぷらにして食べました。揚げたてをフーフー言いながらほおばる、何とぜいたくなことでしょう。

さて、お子さんたちは新しい生活のリズムもつかめ、だいぶ緊張もほぐれてきたように思います。友だちへの関心も芽生えてきていますが、その分、小さなケガやトラブルが見られるようになってきました。
特に集団生活に慣れていない3歳児のお子さんなどは、遊びたい、かかわりたい、という関心の表現のひとつとして手が出たりすることが多くなってきました。また、欲しい遊具が目に入ると、いきなり取ってしまったり、自分の気持ちがうまく言葉で伝えられず、つい先に手が出たりという場面も見られます。まだ、人間関係がしっかり結べていない分、トラブルもささいなことから始まることが多く、保育者もお互いがケガをしないように見守りながら、「かしてって言うといいよ。」とか「お友だちがいやだって言ってるよ。」とか、間に入って気持ちを伝えるなどの援助をしています。
いろいろなやりとりの中で、時にはひっかき傷や歯型をつけて帰る場合もあるかと思います。親御さんも我が子がケガをして帰れば、驚かれるのは当たり前。園では、ケガの理由を友だちともやりとりなど、できるだけ詳しくお知らせするように心掛けています。ケガをさせてしまった相手方へ知らせるのはケガの大きさや状況に応じて知らせるべきかどうかよく検討し、対応しています。もし、保育者も気付かない身体の変化があった時は、ただちに園までお問い合わせ下さい。状況を詳しく調べ、ご報告いたします。
ケガをして帰ってきた場合、心穏やかではいられない親御さんの気持ちはよく分かりますが、今回はやられてしまったけれど、いつやってしまう側に回るかもしれないのが子どもの世界。子どものトラブルはお互い様よ、とおおらかに受け止めてくださるとうれしいのですが…。

ともあれ、このような姿も、成長と共に落ち着いてくるものですが、頻繁に手が出ることが続く場合は、親御さんとも相談しながら原因をさぐり、どのように対応したらよいかを考えていきます。時には、赤ちゃんの誕生や親の兄弟への対応の不満、親子関係、友だち関係が原因だったりもします。心の中に何かうっ屈するものがあれば荒れてくるのは当然です。いずれにせよ、子どもの心の内を汲んでやり、認め、かわいがってあげることが、落ち着きを取り戻す1番の方法であると思います。
<園長>

お子さんが園からバンソウコウやシップをして帰った時は、必ず傷をご確認下さい。バンソウコウを貼ったまま一晩過ごし、化膿したケースもあります。
また、打撲ではないけれど、お子さんの甘えたいという気持ちや心の傷に対応して“気休めシップ”を貼って帰ることもあります。
ひっかき傷は跡が残る場合があります。お子さんの爪がのびていないか確認をお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

着替えについて 〜できるところはまかせて〜

ろりぽっぷ 1018号 2017年4月21日

ろりぽっぷ1018号

夏日が続いた今週、気温が上昇するにつれ、子どもたちは次々に洋服を脱ぎ捨て、泥んこ遊びを始めました。キャッキャッと声を上げ、ホースのシャワーをくぐったり、みなとてもうれしそうです。こんな遊びはお家では絶対にさせてもらえないだろうと見守りながら、後始末の大変さが頭をよぎります。

それはさておき、園でも着替えをする機会が遊びだけでなく、身体測定、内科検診など様々な場面で増えてきています。着替えの取り組みは家庭生活の影響が大きく、個人差があります。いつもお母さんにやってもらっている子は、つっ立ったまま脱がせてもらうのを待っていたり、着替えをする気持ちはあってもなかなか行動に移せず、とまどっている子もいます。そんな場合はどうしたらよいでしょうか。

1つには、自分のペースでもいいからできるところは任せてみる、ということです。着替えはボタンなど案外面倒なことや時間のかかることもあります。せかされると自分のペースでできないので投げ出してしまいます。その子のペースを大事にして、自分の力で着替えられたら認めてあげたいもの。そしてできることは任せて見守るようにしていきましょう。
2つ目は、着やすい工夫をするということです。きつすぎる靴やボタンの多い服、(手洗いの時、シャツやブラウスの袖のボタンは自分ではずせないので先生にやってもらう)長すぎるくつ下などは着替えが大変です。靴の大きさやくつ下のはきやすさ、服の着やすさなどにも注意してあげるといいですね。

そうそう、下着の前、後ろが分からないで反対に着ている子、首のところから一緒に手を出している子もいました。そのうちだんだんと自分でできるようになって、年長組になると、ごく自然に脱いだり着たりが手早くできるようになってきます。まだまだだなというお子さんもゆっくり待ってあげましょう。
<園長>

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ランチデビューはカレーライス 〜楽しく食べるのが何より…〜

ろりぽっぷ 1017号 2017年4月14日

ろりぽっぷ1017号

花散らしの雨に打たれても耐えていた桜も終わり、代わりにろりぽっぷのシンボルツリーの八重桜のつぼみが赤味を帯びはじめました。満開になったら花の下でランチを食べたり、野点をしたりと楽しいプランが待っています。
さて、13日(木)からお昼ごはん(ランチ)が始まりました。みんなとっても楽しみにしていた様子が朝バスの中の会話などからうかがわれ、ワクワクした気持ちでお昼を待ちました。ランチデビューは子どもたちが大好きなカレーライス。スタッフも白米はお釜に炊けるだけ炊いておかわりに備えていました。案の定、小さい組さんも何度もおかわりをしてくれ、幸先の良いスタートになりました。
うちの子はちゃんと食べているかしら、おかずは…野菜は…と、お母様方の心配は尽きないようですが、お子さんにとってはお母さんの安心して食べていた食事から一転し、園でお母さん以外の人が作ったものを毎日食べるわけですから、緊張するのは当たり前なのです。食わず嫌いでお箸をつけられなかった子が、みんなおいしそうに食べているのを見て、ちょっとだけ食べてみようとしたり、保育者の「〇〇ちゃん、サラダが食べられるようになったよ、スゴイね。」という言葉に、ボクもワタシもつられて野菜を口にしたり、「あっ なんだ、食べてみたらおいしいね。」と少しずつろりぽっぷの食事が子どもたちの中に受け入れられつつあるようです。
いろいろなものをたくさん食べて欲しいのが親の願いですがあせりは禁物。卒園する頃には驚くほどいろいろなものを食べられるようになるので、ゆっくりと長いスパンで待ってあげてほしいものです。

ろりぽっぷにランチありきと言われるようになりましたが、ここまでくるまでにはいろいろなことがありました。平成2年11月9日に着任してから2か月は民間の給食センターから、プラスチックのケースに入ったお弁当を取り寄せざるをえない状況でした。くる日もくる日も冷凍の揚げ物ばかりで、いささかうんざり、早く給食の環境作りを、と焦る日々でした。
そして、年を越した1月19日、給食スタッフ2人でようやく手作りの昼食が始まったのでした。当時の園児数は34名、本当にこじんまりとしたものでした。
食材は出来るだけ安全なものをと、有機無農薬のお店から仕入れていましたが、当然ながら夏にほうれん草、冬にトマトはありません。当時は野菜・果物が天候に影響されるなどして安定供給が得られず、いつも不安にさらされていました。園児数が増えるに従い、充分な量を確保する必要にせまられ、地元の八百屋さんにお願いするようになりました。そして、毎日食べる減農薬のお米は卒園児のお父さんから納入してもらい、その他の食材は生活クラブ、市民生協などに注文するようになりよい関係になっています。平成18年には念願の新調理室も完成し、より充実してきました。平成23年度の震災以降、産地の確認、放射能の排出をうながすカリウム、カルシウムを含む食材を取り入れるようになりました。

3食のうち1食、されど幼児にとっては大切な食事です。作り手の顔が見えるおいしくて安全な食事を用意したい、その思いはスタート時から揺らぐことなく続いています。
園長

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

入園・進級おめでとう 〜いっぱい遊ぼうね〜

ろりぽっぷ 1016号 2017年4月7日

ろりぽっぷ1016号

桜や桃、スミレが咲き誇り、木々も芽吹き始めて命の躍動を感じる新学期。入園を迎えたお子さんたちは、指折り数えていた幼稚園生活がいよいよ始まります。
どんな友だちと一緒かな…お部屋はどこかな…担任の先生は…等々、期待と不安で小さな胸はいっぱいになっていることでしょう。でも大丈夫。どうぞご安心ください。私たちろりぽっぷのスタッフ全員が心を込めてお母さんの代わりとなってお子さんたちのお世話をさせていただきます。
進級組のお子さんたちも、29年度の始まりです。満3歳児だったお子さんはもう1回年少組を、年中組に持ち上がりのお子さんたちはプレイルームを経験したお子さんたちと新入園児のお子さんたちとミックスされ、新たな友だち作りが始まります。また、年長組は、これぞろりぽっぷというような体験が目白押しです。今年は、どんなドキドキ・ワクワクが待っているのでしょうか、楽しみですね。
まずは、一日も早く保育者と心を通わせ、仲良しになり、幼稚園が安心して過ごせるようにと願っています。ありのままの自分を出してもいいんだ、受けとめてもらえるんだと思ってもらえるよう、私たちスタッフがしっかり両手を広げ、抱きしめていきたいと思います。

さて、今年度加藤清文先生が副園長として着任しました。子どもたちの生活もより一層アクティブになるのではないかと期待しています。どうぞよろしくお願い致します。
園長

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ”

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。